幡ヶ谷の三世帯住宅

  所在地:東京都渋谷区
  用途:個人住宅(三世帯住宅)
  規模・構造:地上3階・木造
  敷地面積:69.72平米・21.09坪
  建築面積:49.03平米・14.83坪
  延床面積:133.22平米・40.29坪
  設計期間:2011年7月-2012年7月
  竣工:2013年5月
  竣工会社:ラムズカンパニー
  プロデュース:ザウス東京店

photo:アトリエフロール

  *homify「ライトコートで家族がつながる!3世帯が仲良く集う都市型住宅」掲載


  人通りの多い商店街に面し、
  前面道路以外の三方を完全に隣家に取り囲まれた約21坪の敷地。

  1階に親世帯、2階に娘世帯、3階に息子世帯の住居を積層した、木造3階建ての三世帯住宅。
  各階へのアクセスを、共用の鉄骨螺旋階段としてコンパクトに計画することにより、
  許容建築面積に対する住戸部分の比率を高めた。

  建物1階のピロティ駐車場に位置する部分が2階と3階では寝室となっているものの、
  それ以外の部分は、基本的には同じ平面を積層したプラン。
  ダイニングの造作テーブル・ベンチ・配膳カウンターの寸法や、水廻りの配置などを細かく作り込むことによって、
  小さなスペースの性格付けを明確にし、効率良く使えるインテリアを目指した。
  また、各階の内装や造作の色・素材の組み合わせの違いにより、異なる個性・雰囲気のインテリアを実現し、
  それぞれの住まい手の要望に応えた。

  敷地周囲の三方からの採光・通風が望めない条件を踏まえて、
  プライバシー確保と採光・通風を両立すべく、敷地中央に中庭を配置。
  表通りのパッと見の印象からはとても予想できない開放性が感じられ、
  中庭を介して三世帯それぞれがお互いの気配を感じられる「付かず離れず」の距離感が快適な住宅。

※画像・文章の転記・転用を禁じます。 close