鎌ヶ谷の住宅

  所在地:千葉県鎌ヶ谷市
  用途:個人住宅(夫婦)
  規模・構造:地上2階・木造(2×4)
  敷地面積:134.04平米・40.54坪
  建築面積:59.62平米・18.03坪
  延床面積:110.96平米・33.56坪
  設計期間:2013年10月-2014年3月
  竣工:2014年10月
  施工会社:(株)大倉

photo:URBAN ARTS/Shinsuke Kera
photo:アトリエハコ
トップ写真:主婦の友社”はじめての家づくり”


  *主婦の友社「はじめての家づくりvol.27」掲載


  周囲に畑がまばらに残る、新興住宅地。

  地域の抜け道となっている前面道路沿いに壁を立てプライベートな領域を確保した中、
  建物と道路沿いの壁との間に、
  バッファーゾーンとしてテラスとアプローチコートを挿入した。

  1階LDKは、ツーバイ材の梁あらわし天井が小気味良い、
  落ち着いた雰囲気のおおらかな広々ワンルーム。
  テラスと2階吹抜けにその両端で連続し、一日を通して光や風の移ろいを楽しめる。
  2階は、バステラス・吹抜けに面して光が燦々と降り注ぐホールを中心とした
  個室・水廻りゾーン。

  シンプルでユーモラスな白い『家型』の中、
  プライバシーが確保されていて敷地の隅々まで無駄無く使える、
  開放的で気持ちのよい住宅。

  施主は住宅分譲会社に勤めており、
  自ら営業に携わっている自社工法(ツーバイフォー工法)により自宅を建設することを、強く望んだ。

  ツーバイフォー住宅というと、閉鎖的なコマ割りプランのイメージが付き纏うが、
  この住宅の設計においては、合わせ梁などの構造的な工夫により、最大限の開放性を獲得した。

*画像・文章の転記・転用を禁じます。 close