門前仲町ビルリノベーション

  
  所在地:東京都江東区
  用途:事務所+個人住宅
  規模・構造:S造・地上5階建
     (リノベーションは1・3・4階・屋上)
  延床面積:73.5平米
  設計期間:2013年12月-2014年2月
  竣工:2014年4月
  施工会社:(株)木心

          photo:アトリエハコ

  *LiVES vol.91 掲載

富岡八幡宮や深川不動尊が近く、東京下町飲み屋街の一角。

建物は平面が4.3M×4.1Mととても小さく、築45年と古いが、立地と内部構成を見て、手を加えればよくなるはずと確信。
南西側に桜並木と川がある最高の立地のポテンシャルを最大限に活かせるような、
1・2階に事務所、3・4・5階に夫婦二人の住まいを計画した。

1・2階はもとから吹抜があり事務所仕様。多くの本や資料を収納すべく吹抜の高さで本棚を造り付け。
3階はLDK。川に向かって料理ができるようなキッチン。これまでしまっていた食器などを飾れるようなオープンな棚。
4階は寝室・WIC・バスルーム。平面も断面もパズルのように組み合わせ。
5階+屋上。ロフトのような5階は手をつけなかったが、屋上にウッドデッキを敷いて普段使いできる屋上に。

事務所は街の喧噪が直に感じられるストリート感があり、
住まいは川に木に空に近く宙に浮いたような不思議な空間になった。

*画像・文章の転記・転用を禁じます。 close